○印鑑ケースでの保管

印鑑を長時間、安全に保管するには印章ケースが必須。
ところが、印章ケースを使っていることが裏目に出ることも。
フタの上下が分からずに開けたために印鑑を落として破損するトラブルが少なくないからです。
そうならないためにも、印鑑ケースの上下判別法を覚えておきましょう。
 まずはケースを水平に持って、金口の部分を見ます。左右どちらかに1本線が入っているか、二重玉になっているはずです。そのしるしがある方を右に来るように持ち、しるしのないほうの金口を上に開ければ、上下正しく開くように作られています。

ページトップに戻る